旅行・国内旅行のご紹介サイトです

 

HOME

旅行計画を立てよう

旅行の準備@

旅行の準備A

スーツケースの選び方

Love Journey

旅行の準備-持ち物はどうする?-

持ち物は何を持っていけばいいのかそれは計画を立てることの次に大切になってきます。そして結構何を持っていけばいいのか迷いますよね。持ち物を考えるときの最大原則は「出来るだけコンパクトに、軽く」することです。持ち物について考えてみましょう。

先ず、必要なものは??

旅行の際の持ち物は、その行程(期間・場所・使う交通)などで変わります。事前に、旅先の天気予報を見ておいて、服装を考えます。でも、現地のデパートやスーパー・コンビニなどで現地調達するのも一つの方法です。

また、自宅から古い服を持っていって、現地で捨てる方法もあります。(その時は、捨てる場所を考えましょう。)下に、持ち物を挙げてみました。でも、現地調達も視野に入れて考えてください。現地調達を考えている場合は、近くに店があるかを事前に確認しておきましょう。

 リュックサック
歩く旅の場合にはこれぞまさに必需品と言えます。利用する人の体型にもよるがリュックの内容量は45〜60リットルぐらいのものが使いやすいです。本体の外にいろいろぶら下げられるので便利です。

 ウェストポーチ
お腹の方へ回してきて装着するといいです。この中に財布やカメラといった貴重品をしまっておくとよいと思います。また、メモ用紙やちょっとした救急用具を入れておくのもよいと思います。

 行く場所の地図
これがあれば、道に迷う心配もありません。コンビニなどの場所がわかります。

 時刻表(バスや鉄道などに乗る場合)
万一、事故などでの不通・通行止めがあっても、代替手段が見つかり易くなります。突然の思い付きでの予定変更があっても、目的地につく時刻などがはっきりします。

 時計
電車などに乗るときはあると便利です。

 バンソウコウ
意外な所で擦り剥いたりすることがあるので、いざという時に便利です。

 折りたたみ傘
突然の雨でも安心です。

 飲み物
冬場は、それほど必要ではありませんが、夏場は、無いとかなり辛いです。

 着替え類(泊りがけの場合)
泊りがけなら、無条件で必要です。衣類の量に合わせたスーツケースに入れて持っていきましょう。

 電池・充電器(携帯・デジカメなどを持っていくとき)
突然の電池切れがあるかもしれません。その為に持っていると便利です。

 携帯電話
万が一、緊急時に110番や119番にかけるかもしれません。カメラ付なら、ちょっとした景色を撮っておけるので。携帯電話が時計や地図代わりとなる場合は必要です。

 メモ・筆記用具
目的の場所の住所やTEL番号や地図を書き写すとき等に使えます。

 防犯グッズ
国内とはいえ、何があるかは分かりません。「自分の身は、自分で守りましょう。」

旅行の持ち物は、どうしても不安からか持ち物が多くなりがちになってしまいます。段々、慣れてくると必要な持ち物の量などが分かってくるので、少なくなってきます。

持ち物を入れるカバンについて

持ち物が決まれば次はどういうカバンに入れていくかです。カバン選びのポイントは出来るだけ邪魔にならないもの・物が取り出しやすいこと・容量です。でも、これら三つのポイントを全ておさえている理想的なカバンは、私の知る範囲では、ありません。では、どういう長所と短所があるかを挙げてみましょう。

カバン 長所 短所
手提げ類

・電車などで余り邪魔にならない
・結構、物が入る

・両手が使えない
・財布などが探しづらい

リュックサック

・両手が使える
・たくさん物が入る

・座席に座るとき・物を出すときに一々下ろさないといけない
・電車などで立つときに邪魔になる

ショルダー類

・両手が使える
・電車などで余り邪魔にならない
・物を取り出すときが楽

・大して物が入らない

上の表の良い悪いは、国内でそれほど長期ではない(一週間未満)旅行に対応しています。
しかし、カバン選びは、その人が何を重視しているか(両手が使えるかや、使い勝手や容量、ファッション性 etc)によります。また、持ち物はどうするか(自宅から持っていくのか、現地調達中心か)にもよります。
旅行の大事な立役者であるカバンを、あなた自身が使いやすいのを選びましょう。

check

鹿児島 注文住宅

最終更新日:2020/11/30